心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

レールの上を走り倒せ

よく、「レールの上を走るような人生はまっぴらだ」のような発言が取り沙汰されます。

 

歌の詞にも、「お前はレールの上だ」のように歌われることが少なくありません。

 

しかし、ここで考えておきたいことがあります。

 

電車が、レールの上を走らなかったらどうなるでしょうか?

 

事故る?遅延が起こる?違います。

 

レールがないので、動きません。

 

人間は、今まで育ててもらった過去をすぐに忘れます。

 

もう既に、幼稚園・保育園、小学校、中学校といったレールを走らせていただいたことに感謝すべきです。

 

社会人になってから学び直すのは、時間的に大変です。

 

目の前のタスクをこなさなければならないのに、因数分解を学ぶ余裕などありません。

 

しかし、学校に「気づいたらいる」という状態には、なかなか「ありがたい」と思うことはできず、机の下に忍ばせたスマホでゲームをしてしまうのです。

 

今、あなたがその場にいるのは、これまで一定のレールがあったからこそではないでしょうか。

 

つまり、途中駅です。

 

途中駅まで来られたのは、電車がレールに乗ってくれていたからです。

 

これから無理矢理にでも進路を変えることに勇気がいるのは、「新たにタクシーに乗る」ようなものだからです。

 

お金がかかるし、行き先にすぐに行かずに遠回りするかもしれません。

 

今の場にいることが極端に嫌でなければ、「そこで出来ることは何か」を考える。

 

電車の中でも、本を読んで勉強することができるということです。