心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

非笑顔を教える大切さ

本当の教育とは何でしょうか。

 

勿論、国語や算数という知識を伝えることも、教育には含まれるでしょう。

 

しかし、十分条件ではないような気がします。

 

例えば、小学校で習うような教育には、ウソが入っています。

 

小学校では、「どんなに車が通っていない状況でも、人がいなくても、目の前が赤信号なら横断歩道を渡ってはいけません」と教えられます。

 

何がウソなのかといえば、「オトナ自身が、それを守っていない・守る気がない」ことです。

 

そして、どんなに辛い時でも笑顔を忘れないでと言われます。

 

そう話す教師の顔は、激務のせいか、笑顔じゃないのです。

 

これは、生徒を混乱させます。

 

私は、「自分が思ってもいないことを教える」ことが生徒たちを歪ませていると考えます。

 

このようにウソを教えるのではなく、「笑顔にあえてなる必要がないときもある」という例外を教えることも、時には必要なのではないでしょうか。

 

ポイントは、「そういうときもある」という機会の話にとどめるということです。

 

「笑顔になるな」ということではありません。

 

国語は面白いから勉強しなさいと言っても意味はないのです。

 

もし、生徒に算数の面白さを本気で伝えたいのなら、言葉は邪魔にさえなります。

 

楽しそうに授業をするだけで良いのです。

 

教員が無理してきれいごとを言っても、生徒には100%バレています。

 

あなた自身が生徒だった時にそうだったように。