心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

途中下車こそ学び

ミニマルな教育において最も重要なのが、「自由に学べているかどうか」です。

 

最近、巷で人気な「途中下車系の旅番組」のなかでは、好き勝手に行動する芸能人に好感を持つ人も多いかと思います。

 

それはやはり、「自由」というものに誰もが憧れている現れだといえます。

 

この「途中下車」を教育・学習に置き換えると、「好きな授業だけ受けてみよっかな」になります。

 

大学の授業は一見それに近そうですが、実際は取りたくないけど単位の関係で取らなきゃいけなかったり教員免許の取得のためだったりするので、全然自由ではありません。

 

嫌な授業とは、「快速に乗って飛ばしたい」ものです。

 

そんな中でも、わざわざ各駅停車に乗り換えて、そこから徒歩数十分かけて立ち寄るのが、「本当の学び」です。

 

ふと入ってみた洋食屋さんのウェイトレスが態度の悪い接客をしていても、学びは沢山あります。

 

コンビニで炭酸水を買えたとしても、あえて屋台のラムネを買ってみるということです。

 

これを教室に置き換えると、どんなにつまらない教科であっても、熱心に聞いている生徒がいます。

 

それは、教師の力量の問題ではありません。

 

「教科に興味がある」人間を伸ばすことほど、簡単なことはないのです。

 

もし、どの教科にも興味がなさそうな生徒がいたら、「途中下車的な学び」を勧めてみましょう。

 

国語全体が苦手だとしても、特定の作家が好きならそれでいいじゃないですか。