心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

生徒は鏡だ

技術があれば、職に就くことがより容易になります。

 

例えばタクシーの運転手は、どんなに狭い道路でもスイスイと通り、自らの乗り物を乗りこなす技術をもっています。

 

もし災害現場に出向くとしたら、「運転手」「人を運ぶ人材」としての価値があります。

 

料理人は、美味しい料理を作ることができます。

 

よって、海外に行っても「ウマイものを作る人材」としての価値があります。

 

・・・教員は、自分がいる学校以外での価値って果たしてあるのでしょうか?

 

大学卒業時になんとなくもらえる教員免許を、「一応カリキュラム的にとれるから」という理由でとっても、駄菓子ほどの価値もありません。 

 

そして、何も考えずにそのまま教員(特に担任)になってしまうと、悲惨なことが起こってしまいます。

 

もし、ある担任のクラスだけが、机の下でスマホをいじり続ける集団になってしまったとしたら、何を変えればよいのでしょうか?

 

生徒の意識?親の行動?全然違います。ちゃんちゃらおかしい答えです。

 

「教員自身が、職員室でスマホをいじっている」という癖を変えなければならないのです。

 

また、授業時間が始まってもおしゃべりが一向におさまらないならば、それは担任が職員室で下品に笑っているからです。

 

これは、たとえ生徒たちが職員室での彼・彼女の動向を見ていなくても関係ありません。

 

授業やホームルームなどで、そういった生活習慣が全て出るのです。

 

このことを知らずに表面だけを見て注意しても、生徒には全く刺さりません。

 

むしろ不信感が募るだけなのです。

 

生徒は、圧倒的に鏡です。