心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

人生を見直すたった一つの質問

自分が何に向いているのかわからないひとは、意外と多く見かけます。

 

それはもちろん中学生や高校生など「大海原を見たことがない人たち」が大半なのですが、学校を卒業して大人になった人でも十分に「未来を見失っている」場合があります。

 

このような状況を見ると、これまでその人物を学校で教えてきた人間は何をやってきたのかと落胆します。

 

さて、本題ですが、「人生を見直す質問」をここで言います。

 

特殊な方法は何もいりません。

 

それは、

 

「これで頑張っているときに、『頑張っているね』と言われて、無性に違和感を覚えたときはどんなときですか?」

 

です。

 

しっかりとした教育を受けない状態で大人になると、すべて努力によって勝ち取らなければならないという先入観に襲われます。

 

目標を達成するための「ルール」を知らないのです。

 

大胆な行動をする必要はありません。

 

あなたがスポーツをしているときに、楽しくてやっているにもかかわらず、「朝から晩まで頑張っているね」と言われたら、「いや、好きでやっているんで」と言い返すはずです。

 

小学生の時に感じた、「あの感覚」です。

 

その感覚を取り戻さないと、「俺はなんでこんなに頑張っているのに成果が出ないんだ」という全く逆の発想をしてしまいます。

 

「頑張っている時点で、向いていない」ことに気づきましょう。

 

これは「頑張るな」と言っているわけではありません。

 

適材適所で「適所」に置かれる前の、おはなしです。