心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

会話中にはスマホを見ろ

この記事は、人間関係に革命を起こします。

 

あなたは、「モテる男の仕草」「モテる女の会話術」のような類の本を読んだことはありますか?

 

モテたいという欲求は基本的に誰にもあるものなので、その手の情報に興味を持つのは必然的なものです。

 

しかし、そのような本で書かれていることを実践すればするほど、あなたは自分自身にウソをついて生きていくことになります。

 

例えば、ある意味会話の初歩的なマナーでもありますが、「人と喋っているときは携帯の電源を切って傾聴しましょう」というものがあります。

 

このような実践法と、一般的なマナーとの違いは、「他人に危害を加えるかどうか」です。

 

電車の中で携帯の電源を切るのは「いろんな人に迷惑をかけないようにするため」ですが、会話中にスマホを見ないのは「会話中の相手にイヤな思いをさせないようにするため」です。

 

大きく違います。

 

ここで大事なのは、「そもそもその相手は、会話中にイヤな思いをさせないようにとビクビクするべき人間なのか」ということです。

 

あなたがすり減ったら、何の意味もありません。

 

あなたがもし、「あっ、コイツの話はつまらんなぁ。でも、会話中にスマホを見るのは相手に不快な思いをさせるからなぁ」と思っている時点で、あなたにとってその人はもう喋る価値がないということです。

 

言い過ぎだと思われるかもしれませんが、本当に大好きな人と会話しているときにスマホを見ようなんて思いません。

 

意中のひととついにデートにこぎつけたときには、待ち合わせに成功した瞬間にスマホの存在を忘れてしまっても良いのです。