心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

教育とは「許し」である

「あなたなんか産まなきゃよかった」という言葉は、この世界で子どもを最も傷つける発言の一つです。

 

特にこの言葉は、「お疲れ様です」のような言葉と違い、本当に気持ちがこもっていない限り出ないため、より一層説得力を(悪い意味で)もって子どもに伝わります。

 

教師という存在は、圧倒的な第三者とも違いますし、親子関係のような、血のつながったものでもない、中途半端なものです。

 

しかし、中途半端な存在だからこそ、かけてあげられる言葉があるのです。

 

それが、「あなたは居ていいんだよ。」という許しです。

 

実はこの言葉には深い意味があります。

 

「居ていいんだよ」という許しの言葉は、前提として「あなたは居なくてもいい」と言われてきた過去がその生徒にあることになります。

 

誰からも承認されている子どもにこの言葉をかけても、「そりゃそうだろう」で終わります。

 

許しとは、鏡のようなものです。

 

相手が「許し」を得ている状態に、許しは必要ありません。

 

さらに言えば、「許し」を得ていない教師から、「相手を許す」度量は生まれません。

 

逆に、「お前はバカだ」のような心ない言葉を生徒に投げつけてしまいます。

 

かわいそうではありますが、プロとしては大失格なのです。

 

そして、「許し」は「甘やかし」のような短絡的テクニックではないということにも注意が必要です。

 

「許された後」の生徒には、覚悟をもって、その教師の元を去るという課題が課されるのです。