心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

個別指導の「隘路」

私は、この世で最も大事な教育は「ミニマル教育」だと強く信じています。

 

そして、ミニマル教育とは簡単に言えば「個別指導」となります。

 

この個別指導ですが、ついつい私たちは「家庭教師」や「個別指導の塾」を想起してしまいます。

 

実際には、このミニマル教育は学校でなされるのがベストですが、その機会に恵まれない児童・生徒にとっては、塾などの教育機関が必要となる場合もあるでしょう。

 

しかし、インスタントにこれらの個別指導を利用すると、そこには隘路(あいろ)があります。

 

一番の問題は、「相性が悪い状態での個別指導」です。

 

集団授業は、よくも悪くも「相性が中和される」という珍しい現象が起こります。

 

よって、ある意味失敗の可能性が薄まってくれます。

 

しかし、個別指導×相性が悪いという場合には、児童・生徒の成長の坂道が無駄に急勾配になってしまうのです。

 

さらに、当該児童・生徒は、相性が悪いという概念をそもそも持っていない場合があるので、

 

これだけ教育の機会を与えてもらっているのに勉強できないのは、もう自分のせいだと感じてしまうのです。

 

教育にカネがかかることに気づかないほど、子どもは馬鹿じゃない。だからこそ、相性が合わない教育をすればするほど、子どもたちはその原因を外に求めず内に秘めてしまうのです。

 

他方、相性が良い教師・講師と出会うことができれば、成長の見通しが立ちます。

 

極限まで、相性には気を遣っていきましょう。