心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

他人は、あくまで、他人です。

ミニマルな人間関係を築きたいのに、なかなかできない人には、一体何が足りないのでしょうか?

 

それは、「境界線」です。

 

「自分は自分、他人は他人」と考えることができれば、いっさいの人間関係の悩みから解放されます。

 

しかし、ミニマルな人間関係を築きたい人が、なぜ、そういう人間関係を築きたいと思ったのか。そのきっかけは何なのでしょうか(自問自答も含めて)。

 

それはおそらく、最初は大勢でいることを望んでいたけれど、結局はその集団のひとりひとりのエゴが浮き彫りになったことに嫌気がさしたからだと思います。

 

はじめに、前提として、人の意見や育った環境は全く異なります。だからこそ、

 

地元が一緒なだけで嬉しくなるのです。

 

意見や育った環境が全く異なる人間同士が、なぜ集団でいることができるのでしょう?それは、

 

みんなが、「その場を壊さない」という暗黙のルールをしっかり守っているからです。

 

心理学では、このことを「多元的無知」と呼んでいます。つまり、

 

自分は望ましくないと思っているけれど、他の人はみんな望ましいと思っているから、自分も仕方なく従っていると、その場にいるみんなが思っているということです。

 

たとえば、飲み会に集まった人が全員カシオレ大好き人間だとします。カシオレ、美味しいですよね。

 

さてさて、飲み会が始まる前に店員さんが「お飲み物はどうしましょうか?」と聞きます。

 

ある人(←カシオレ好き)が、何の気なしに、「えーっと、とりあえず・・・」と言います。

 

とりあえず生という地獄の始まりです。

 

ここで、日本人の多くは、「ここで自分だけカシオレ飲むとか言ったら浮くよな」と勝手に思い込みます。

 

物理的には、ゼロ浮きです。

 

ちなみに、その人が「浮くよな」なんて思う前に、髪型などで浮いていることさえあるのです。

 

あなた自身が気づいていないところで浮いていて、肝心の「あなたが気にしているところ」では浮いていないのです。

 

そう考えると、人の目線を気にするのって、案外馬鹿馬鹿しいのかもしれません。