心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

朝を有意義に過ごすただ一つの方法

私たちは当たり前のように日々を「消化」しているわけですが、もっと一日一日を大切にすべきです。

 

そこで、ミニマルな日常生活を営む上で、最も見逃してはならないのはいつでしょうか?

 

それは、

 

夜です。

 

私たちの肉体にとって最も大切なのは、睡眠だからです。

 

さて、なぜタイトルのように「朝です」と言わないかというと、朝の過ごし方によって、一番大切な夜が決まるからです。

 

朝をテキトーに過ごして、夜だけ神頼みなんて甘いことを言わないでください。

 

朝、そしてメラトニンの役割を正しく知ることではじめて、快適な睡眠をとることが可能になります。

 

そして、最も大事な夜を最大限に活用するために、朝をどのように過ごすべきかをここで伝えます。

 

それは、「ホテルで、朝食をとる」ことです。

 

もし、近くに良さげなホテルがない場合は、是非カフェのモーニングセットを注文してみましょう。

 

f:id:minipsy:20190327102421j:plain

 

ポイントは、朝の静かな時間を優雅に過ごせるかどうかです。

 

特に早朝であれば、余程の人気店でない限り、店内は水を打ったように静かです。

 

そして、「朝をホテルのモーニング食べながら過ごしている自分サイコー!!!」と思ってください。

 

一日中このよい気持ちを持続することができます。

 

これが快適な睡眠を呼んでくれるのです。

 

ホテルの朝食は、お皿もフォークもピカピカで、食べる予定のなかったベーコンエッグやクロワッサンもついつい食べたくなるほどテンションが上がります。

 

そう、そのハイテンションが、一日のガソリンになるのです。