心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

簡単に結果を出す一つの方法

ミニマルな教育を積極的に推進していく上で、「最短距離で目標を達成する」ことは不可欠なカテゴリーです。

 

なかでもキラーコンテンツとして、「簡単に結果を出す」ということが必要になってきます。

 

早速ですが、様々なカテゴリーの中で、最も簡単に結果を出す方法論をここで伝えていきます。

 

それが、「模倣」です。

 

もう少し正確に言うと、「丁寧な模倣」です。

 

これは非常に逆説的な発想です。

 

まず、インスタントに結果を求めようとする人が最も嫌うのが「面倒なことをやっていることによって、なんだか損しているように感じる」ことです。

 

この書き方でおわかりのように、全ては「感じ」だということがポイントです。

 

瞬間的に結果を求めようとしているときは、なんとなくショートカットできている「感じ」がします。

 

そして、(若干怖いことですが、)多くの人がこの「ショートカット感」を味わいながら、一歩も前に進めていないのです。

 

我流が成功を最も遠ざけます。

 

たまに知らない道を歩いている時に、「こっちの方が駅に近いかも」とテキトーに道を選択していると、かえって遠回りになっていたというのは、多くの人が経験したことがあるでしょう。

 

道が遠回りになるくらいならタクシーを拾えばよい話ですが、これが人生設計となると、話は別です。

 

他方、「模倣」、つまりその道で成功している人のやり方を徹底的に真似することは、一見泥臭く見えます。

 

しかし、着実に、簡単に、結果を出すことができます。

 

ちなみに、ここでは時間軸の話をしていません。

 

「簡単にかつ短時間で」ではありません。

 

「時間はかかるかもしれないけれど、簡単に結果を出す」方法なのです。