心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

嫌な上司・レス・ミニマル

新年度がはじまるのは、何も新入社員だけではありません。

 

ワイシャツにそろそろ年季が入ってきた人たちにとっても、新年度は新年度です。

 

さて、あなたの周りにはいませんか?

 

どうしても反りが合わない上司が。

 

挨拶しても返してくれない。

 

仕事を評価してくれない。

 

困った時にサポート・協力してくれない、などなど。

 

ミニマルな仕事術を身につけていくためには、「自己完結」的な術と、「人間関係」的な術の両方の視点を持つ必要があります。

 

ここでは後者について見ていきましょう。

 

まず、あなたと圧倒的に相性が合わない人をよく観察してみてください。

 

・・・どこか、あなたと酷似しているところはありませんか?

 

もし、この答えが「YES」である場合、あなたの長所であり癖であり短所である特徴を、その上司があなたを見るたびに目にするのが嫌なのです。

 

例えば、あなたが本当は隠したいこと、嘘をついていることを、「あなたに似ている上司」は見抜いています。

 

まるで鏡を見るかのように、手に取るようにわかってしまいます。

 

ですから、自分(←上司)が普段はワザと見せないようにしているブラックな面を、あなた(←部下であるあなた自身)を目の当たりにする度に再認識しなければならなくなります。

 

だから、

 

あなたの存在を無視することによって、自分の嫌なところを見なかったことにしようとしているのです。

 

似ているからこそ「類は友を呼ぶ」の法則に則って近くにいるわけですが、あなたのウソ(見栄とか虚勢とも言い換えられます)を敏感に感じとった結果、表面的な行為としての「無視」につながっています。

 

このような関係、かつ、上下関係が付随しているような場合には、なかなか相手を変えることができません。

 

あなた自身が変わるか、場所を変えるかしか、ないのです。