心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

弱気から脱出するための一つの方法

新社会人の方にとって、月曜日が憂鬱だということにはたと気がついたという経験はある種通過儀礼です。

 

そして、その原因は、知らず識らずのうちに「弱気」になってしまっているからにほかなりません。

 

あなたは他の人よりも気持ちが弱い方だと思いますか?

 

私は、やや気弱だと思います。たまに猛烈に強気になったりして、自分でも驚くことはありますが、基本は気弱です。

 

心理学の研究で、シャイであることについて検討したものがあります。

 

この研究は非常に興味深く、「シャイであることによって、人間関係を上手くコントロールしている」ということを主張しています。

 

どういうことでしょうか?

 

一般的に「シャイ」の認識って、「恥ずかしいから上手く人間関係を構築できない」というものですよね。

 

しかし、別の切り口で言えば、「あまり人と接するのが好きじゃないから、あえて人間関係を構築しない」という見方もできます。

 

そうです。「人間関係は、必要最低限でも大丈夫」という心の余裕が必要なのです。

 

「生まれつき」メンタルが強い人や、あまり物事を気にしない人なら良いですが、元々気弱な人が意地を張って良いことって、意外と少ないのです。

 

そして、気弱なあなたでも、必ず、周りの誰かが助けてくれます。これは断言できます。

 

もし、いつまで経っても味方が現れないのだとしたら、それはあなたのせいではありません。環境を変えましょう。

 

あなたの代わりは、いくらでもいる。この言葉を、複眼的に見ることができれば強いです。