心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

質の高い時間を過ごす一つの方法

今日は全国的に寒くなるようです。

 

もし、私たちの「感情」が、環境によって全て支配されるのなら、「寒い日は、寒いが故に、みんな不幸」となるはずです。

 

しかし、私たちは、自分で自分の「感情」を決定することができます。

 

どんなに状況が客観的にキツくても、自分を整えて質の高い時間を過ごせるのです。

 

では、質の高い時間とは一体何でしょう。

 

相対性理論などでもいわれていますが、時間の流れをどう感じるかには個人差や状況による変化があります。

 

先日、レストランに入り、席に着いた時点で素敵な人を目撃しました。

 

一人で来ている女性のお客さんが、料理を食べた後にサッと手を合わせたのです。

 

この人は、日頃から、心を整えているのです。

 

自分の行為が他の人に見られているかどうかは関係ありません。

 

靴を揃えたり、職場のゴミを拾ったりすることで、自分を取り戻すことができます。

 

逆に、「他人が見ていない状況」で、心の整った行動ができていないということは、心が荒んでいる可能性があります。

 

行動が質の高い時間をつくり、質の高い時間が新たな行動を再生産していく。

 

傘のしずくを丁寧に落とすところから、はじめてみませんか?たとえ誰も見ていなくても。むしろ、誰も見ていないときに。