心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

授業に一番必要なもの

突然ですが、あなたはこれまで受けてきた授業の中で、「これは忘れられない!」というものはありますか?

 

少し、記憶を戻ってみてください。

 

おそらく、どんな科目か、何時限だったかなどは全く関係ないでしょう。

 

さらに言えば、「好きな先生だったかどうか」さえ、意外と関係なかったりします。

 

つまり、特定のカテゴリーや人物が、良い授業かどうかを決める指標にはならないということです。

 

では、授業に一番なくてはならないものとは一体何なのでしょうか。それはズバリ、

 

「誠実さ」です。

 

例えば、心理学の有名な法則で「ピークエンドの法則」があります。

 

もしこの法則が正しいものならば、印象に残る授業は「腹を抱えるほど面白い授業」だったり、「その教員から受ける最後の授業」だったりするはずです。

 

しかし、あなたが思い出した授業は、きっと違います。

 

内容の面白さではなく、どのくらいきちんと生徒に向き合ってくれていたかどうかが、良い授業を決定づけるのです。

 

声・表情・コンディション・チャイム前に教室にいてチャイムと同時に授業が終わる、など、基本的なことが抑えられていない授業はもはや授業ではありません。

 

パワーポイントが使いこなせなくても、グループワークやアクティブラーニングなどがなくても、良い授業は生徒に伝わります。

 

真摯に教材研究をして、真剣にやれば、それでいいのです。何か問題ありますか?