心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

群がらないで生きていく

ミニマルな人生を生きていく中で、どうしても通らないといけないのが「一人が怖い」「一人でいると不安になる」という気持ちです。

 

最初の出発点は「人と一緒にいると疲れる」という文字通りの逃げであったので、一定の期間は「心地よさ」によって「一人の時間」を持続させることができます。

 

しかし、ある一定の期間を経た後は、意思によって継続させていかないといけなくなります。

 

どういうことでしょうか?

 

最初は「感情」によって孤独を選択するので、特に意思力を発揮していません。

 

それはまるで、「お腹が空いたからご飯を食べる」のと何ら変わりがありません。

 

もし、初期の段階で「群れないオレってかっこいいな」と思っているとしたら、「お腹が空いたらご飯を食べるオレってかっこいいな」と思っているのと同じだということです。

 

そして、孤独が怖くなる瞬間がやってきます。

 

ここであなた自身が「やっぱり集団で生きていくのがいいよね。人間は一人では生きていけないし」と思い直したら、何の成長があったといえるのでしょうか?

 

そんな宙ぶらりん状態になるくらいなら、

 

最初から「オレは集団に群れて、群れ続けて、群れ倒して生きていく」という決意の方がよほどかっこいいです。

 

なぜなら、「群れる」という行為自体には良い・悪いという価値づけが存在しないからです。

 

ではどうして「群れる」という行為がまるで悪いことのようになっているかといえば、そこに「意思」が見られない場合が多いからです(全てではありません)。

 

他方、「群れない」という選択は、人間社会においては自然な選択ではないため、基本的には「意思」が介在していると考えるため、「すごいね」と評価されがちなのです。

 

たったそれだけです。

 

そして、群れずに生きていくと、アイディアが洗練され、自分が本当にやりたいことが見つかります。これはある種の真理です。

 

問題は、このように自分のやりたいことが「簡単に」「すぐに」見つかると勘違いしている場合です。

 

継続して、群れないことが重要なのです。