心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

言い訳以下。

教育においては、ときに毅然とした態度で、厳しく注意をしなければならない時がある。

 

そのタイミングを逃すと、教師は教師とみなされなくなり、単なるやさしいおじさん・おばさん・お兄さん・お姉さんになりさがる。

 

これは「生徒が悪いことをした時」はもちろんのこと、「生徒が甘えた態度をとった時」にも、しっかりと線引きをしなければならない。

 

では、「生徒が甘えた態度をとった時」は、どのように見極めればよいのか。

 

それがまさに、「言い訳以下」のときだ。

 

勉強についてのアドバイスを求めに来た時、こちら側から発したアドバイスに対する反応を見ればよい。

 

腑に落ちた様子で素直に聞いている場合、その生徒は必ず成長する。

 

腑に落ちない様子で、詳しく聞こうと食らいつく場合、生徒は言い訳モードになっている。

 

しかし、言い訳はある意味「子どもの特権」だ。まだ労働をしたことがない人間をいきなり突き放すのは、今後彼らが出会うであろう上司に任せておけ。

 

親身に相談に乗り、徐々に言い訳モードから脱却できるよう全力でサポートしていこう。

 

問題は、「正論をぶつけられたことに腹を立て、全く違う角度からクレームじみた発言が出た場合」だ。

 

実は、この瞬間に彼らが「勉強や進路に関するアドバイスを求めていなかった」ことが判明してしまう。

 

ヘタに迎合すると完全に彼らのペースになるので要注意だ。

 

このように表現すると生徒をクレーマー扱いしていると勘違いされるかもしれないが、全く違う。

 

そのような態度は、むしろ後の彼らに悪影響を及ぼすことになるからだ。

 

自分の努力が至らないこと。能力がないこと。これらは致し方のないことであり、現実として受容しなければならない。

 

しかし、それを自分とは違う「外に求める」態度をそのままにして卒業させることは、むしろ悪なのである。

 

毅然とした態度で、立ち向かえ。

 

時には理路整然と「お前は間違っている」と言っても構わない。

 

ただし、暴力だけは絶対に振るってはならない。

 

ガンディーが諭すように、暴力は振るわないことの方が難しい。よって教師が暴力を振るったり暴言を吐いたりすることは全校生徒から白い目で見られる行為だ。

 

そうではなく、正しい言葉遣いで、彼らを導こう。

 

プラスに向かわせる反省であれば、どんどんしてもらおう。

 

最終的に嫌われてもよいのだ。

 

なぜなら、好かれようとしている教師ほど、惨めなものはないからである。