心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

「質問は天下の分け目」

教師は放課後、授業から解放され、いっけん「自由な時間」を過ごしているようにみえますが、実は違います。

 

それは、生徒からの質問です。

 

どんなに忙しくても、生徒からの質問をないがしろにしてはいけません。

 

なぜなら、「質問」は今後の当該教師に対する当該生徒の信頼・信用を100にも0にもできる機会だからです。

 

まず、大前提として、質問に来る生徒の「信頼度」なるものは「70〜80」程度です(初めて質問に来た場合を仮定しています)。

 

ここで質問の内容を100%理解し、満足度の高い応答をすることができれば、間違いなく信頼度は高まります。

 

時間がない中答えてくれていること自体、生徒はしっかり認識してくれています。

 

「忙しいから今日はごめんね」と言われても仕方がないということは一定程度わかってくれているので、万が一緊急会議や生徒指導などで質問に答えられない場合は必ず別の日程をこちらから提案するようにしてください。

 

逆に、「時間がないからムリ」と突っぱねるのは最悪の対応です。

 

塩対応とかではない、クソみたいなものです。

 

せっかく当該教員を頼りに職員室に来てくれた生徒をそのようなレスポンスでかえすのは、はっきり言って教師失格です。

 

もし受けられない理由があるのなら、それを具体的に説明し、納得をもらうのがベストです。

 

試験前に会えるのがこれで最後だったとしたら2,3分会議に遅れてもよくないですか?と、極端ではありますが私は思います。

 

踊っても進まない会議より、生徒の方が1億倍大切です。