心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

ドン底で、無理をしない。

人間、そして、全ての動物には、バイオリズムがあります。

 

社会的な側面でたとえれば、「調子がよい」時と、「なんだか調子が悪い」時。

 

そして、「ドン底」もあります。

 

受験勉強を頑張る生徒たちの中には、ある日突然、心が折れて、学校になかなか来られなくなる人がいます。

 

勉強にも、バイオリズムがあるということです。

 

まず、「調子がよい」時。調子がよいからと言って、朝早く起きすぎたり、夜遅くまで本能に任せて過集中したりするのは、あまり得策ではありません。

 

しかし、元々調子がよい時に、ある程度勉強量をセーブしたり、予習だけでなく復習も混ぜたりするのは、比較的容易だといえます。

 

問題は、「ドン底」の時です。

 

まず、朝起きられない時には、自分を責めないこと。

 

学校に行くことは、絶対的義務ではありません。

 

なぜなら、「ドン底」な調子の状態で学校に足を運ぶと、半数以上の生徒が「調子がよい」状態の環境に飛び込むことになるからです。

 

「調子がよい」人は1号車、「ドン底」な人は2号車へ、とはいきません。

 

よって、「ドン底」だな、なんだかいつもと調子が違うなと思ったら、学校に行かないという選択肢をもちましょう。

 

早めに「行かない」という対処をしておけば、無理して通い続けるよりも早く、いつもの調子に戻ることができるのです。