心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

満員電車を回避する意識

時々、平日や休日の朝や夜に、運悪く満員電車に乗らざるを得ないことがあります。

 

朝なら上り、夜なら下りで、たまに乗ってしまいます。

 

「失敗したなぁ」と思いつつ、恐らく次も、そしてその次も満員電車だろうということで、目の前の見知らぬ人たちの集まりに自ら飛び込まなければなりません。

 

すると面白いもので、入りそうにスペースにも隙間が一人分だけでき、妥協し尽くしたパーソナルスペースは何とか確保できます。

 

しかし、私自身がこのように「好意的」に解釈し直すことができるのは、あくまでも「たまに」乗るからなのでしょうか?

 

それは、違います。

 

ほとんどの人は、満員電車を毎日のように経験しており、そもそも「満員電車に乗ること」に何も感じていないのです。

 

なぜなら、考えてしまうと、心が死んでしまうからです。

 

例えば、時間を大幅に早めて、比較的空いている号車を選択すれば、満員電車を回避することは可能です。

 

それ以外にも、そもそも電車には乗らずに自転車で通勤したり、会社・学校から近いところに引っ越したりすることで、満員電車に乗るリスクをゼロにすることができます。

 

これらの「回避」によって得られるメリットのうち、最も大きなものは何でしょうか?

 

それは、「時間」です。

 

まず、満員電車に乗る時間から得られるメリットは、残念ながらありません。

 

むしろ、体力や精神力がすり減るのでマイナスです。

 

他方、多少家賃が高くなったり、雨の日には自転車ではなく徒歩になってしまったりしても、満員電車に乗らないことによって「クリーンな時間」が生まれます。

 

「クリーンな時間」とは、パーソナルスペースが確保できている時間です。

 

この「クリーンな時間」には、創造的な思考をすることができます。

 

満員電車は、統計学的に、現代の関東圏からなくなることはありません。

 

しかし、「目の前から消し去る」ことで、有限の自分の人生を守り抜くことはできるのです。