心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

一日千秋・レス・ミニマル

「一日千秋」とは、一日会わなければ千年も会わないように感じられることから、一日が非常に長く感じることをいいます。

 

一日が長く感じることは、誰にでもあることですが、これが長期間続くとどのような悪影響があるのでしょうか。

 

それは、「日常が、あって当たり前のように感じてしまう空虚感」です。

 

この空虚感は、私たちに人生の意義を失わせる効果を持っています。

 

インターンや教育実習といった「不慣れなイベント」の後に生じるバーンアウトとは全く質の異なるものです。

 

これを防ぐためには、「何かに一念発起する」ことが肝要です。

 

集中豪雨は、一気に降ります。

 

その雨の様子が印象に残るのは、雨だからではなく、その激しさにあります。

 

日常生活と正面から向き合う覚悟から回避し続けていると、そのうち「なんだか重い日常」になっていくのです。

 

シャッター商店街から覇気が生まれないのは、個々の店のせいではなく、「どこまで歩いてもシャッターが下りている」という視覚にすぎません。

 

一日が早く終わるとは、大切に過ごしたということです。

 

日常に、付加価値をつけていきましょう。