心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

「魔性」の教師

一つの学校に、必ず一人か二人、「魔性」の教師がいる。

 

それは、キツめの香水を撒き散らし、魅力とエロを履き違えている女教師のことではない。

 

どんな教科であっても、その教師の話を聞くと、勉強できる気になり、それは錯覚なんかではなく、成績も抜群に良くなる。

 

舞うように教室に足を運び、何かのマジックをされたかのような感情になる。

 

「話がウマイ」ということではない。要するに、言語化が不可能なのだ。

 

あんなにつまらない憲法の授業も、「そこで具体例を入れてくるとは・・・」と感心しながら聞き入る。

 

試験問題も、学習習熟度を図るという本来の意図をしっかり守りながら、オリジナリティが発揮されている。

 

見たらすぐに、「〇〇先生が作った」とわかる。

 

ネバーギブアップなんて言葉を使わなくても、生徒の勉強に対する意欲は「開きっぱなし」だ。

 

特定の教科によってチャージされたやる気は他教科にも波及し、当該教科担任はその目つきの変わりように目を丸くする。

 

そんな教師に出会えたあなたは、しあわせだ。