心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

すべては「2」個目に現れる

本能が欲するセクシー写真集と、理性が欲するお堅い専門書。

 

心の優先順位は、第一位がエロスで、第二位が知識欲。

 

しかし、対外的には、そう思われたくないのが人間です。

 

欲しくもない経済系・社会系の大判の本で、セクシー写真集のタイトルとセクシーな身体の部分を巧妙に隠して、人はレジに足を運びます。

 

超かっこいい男性アイドルの顔を、本当はクックパッドで事足りている主婦が「料理本」で目隠しします。

 

好きな人を聞き出したい時は、「2」度聞いてみる。

 

なぜなら、一人目はフェイクだからです。

 

本当は、マニアックな女性歌手が好きなのに、とりあえず長澤まさみさんですと言います。

 

本当は超年上の俳優の追っかけをしているのに、とりあえずキムタクが好きですと言います。

 

人は、本当に大切にしていることを、そうそう軽はずみに口にしない、稀有な動物です。

 

「1」回目のデートが断られたら、実はチャンスです。

 

「2」回お誘いが来るかどうかで、本気度を見極めようとしているからです。

 

逆に、「1」回目ですんなりOKされたら、気持ちは浅瀬です。

 

なんで、本当はがっつり二郎系ニンニクマシマシラーメン食いたいのに、「今日はダイエット中だから」と春雨をちゅるちゅるすするのですか?

 

と、大声で叫びたいところですが、そういう選択をしてしまうのが人間です。

 

なので、本当にしたいことを自分自身で確かめるためには、

 

自分に、「2」回、尋ねてみましょう。

 

なぜなら、すべては「2」個目、「2」人目、「2」回目に現れるから。