心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

「面倒くさい人」の真意(1)

ミニマルな人間関係を築いていく上で、それがいかに大事で、かつ大変なのかを思い知らせてくれる人たちがいます。それが、

 

面倒くさい人たちです。

 

「面倒くさい」について辞書で調べてみると、「解決が簡単にはいかない」「手間がかかる」「わずらわしい」のような形容詞で表されています。

 

このような形容詞をみてみると、いわゆる「人に対して『面倒くさい』と使う場合」には適していないように思います。

 

「ミニマル心理学」流に定義すれば、「面倒くさい」とは「何を考えているのかが見えにくく、さらにその考えが見えたとしてもちょくちょく変わる」となります。

 

例えば、LINEをしていて、急に既読スルーになったとき。

 

あれ、まだ全然昼間だし、寝落ちとかしているわけじゃないだろう。なんでこのタイミングで?なんか変なメッセージでも送ったかな?

 

このように、「本当は『こちら側』には何の問題もないのに、一般的な反応とは異なる反応を見せてくる場合」に、人は「面倒くさい」と感じるのです。

 

しかし、このような「面倒くさい」人を、ピンポイントで見ようとすると視野が狭まります。

 

「なぜ、面倒くさくなったのか」を考える必要があるということです。

 

おそらく、彼女・彼は、最初はストレートに感情表現をしていたはずです。

 

好きなら「好き」、お腹が空いたら「お腹が空いた」。そして、言いたいことがあるならはっきり言っていた。

 

ところが、どこかの時点で、「誰かに大事にされなくなった瞬間」が訪れた。ひどいケースならば、拒絶されたのかもしれない。

 

そして、「傷つくくらいなら、感情を出さない方がマシ」と考えるようになり、あえて面倒くさいと思われるような対応をするようになったのです。

 

 (つづく)