心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

ピグマリオン効果の本質

心理学をかじったことがあり、かつ教育に関心がある人なら誰でも知っている「ピグマリオン効果」。

 

ピグマリオン効果」とは、教師が「この生徒は伸びるぞ」と期待をかけた生徒は、そうでない生徒よりも成績が伸びるという効果である。

 

他者にどの程度期待するかが、その後の当該生徒の成長・成績向上などを決定づける要因のになりうると考えられているものだ。

 

これだけを鑑みると、「ピグマリオン効果」を応用すればどんな生徒も成績を上げられるようになると言えそうだが、果たして本当にそうだろうか?

 

この「ピグマリオン効果」が、もし「誰が誰に対して」という視点を失ってしまったとしたら、その瞬間にボタンの掛け違いが始まる。

 

そもそもこの効果を実験的に実証する前にも、このような現象は起きていたということだ。

 

現代では、電気の本質を知らなくても電気からの恩恵を受けられるように、理論の前には偶然的な現象が起こっていたということは少なくない。

 

ある教師Aは、生徒Bのことが好きだった。

 

禁断の恋であるとはわかっていたが、その気持ちを抑えることができない。

 

教師Aはひたすら考えた。

 

どうすれば、合理的に、生徒Bと一緒にいることができるのだろうか?

 

そう、放課後に残して、勉強を教えれば良いのだ。

 

幸か不幸か、生徒Bは教師Aが担当する教科である数学での成績がすこぶる悪かった。

 

よって、生徒Bにしてみれば、放課後に残されることに関して文句を言う余地がない。

 

毎日のように生徒Bは教師Aの「補講」に付き合わされた。

 

もちろんこのとき、他の生徒はいない。

 

そして次の期末考査で、生徒Bの劇的な変化がみられた。

 

なんて、お話。

 

そう、「ピグマリオン効果」とは期待をかけるかかけないかという表面的な問題ではなく、そもそも「なぜ期待をかけたいと思ったのか」までを考察しなければ机上の空論になるということだ。

 

嫌いな生徒に対していくら補講を開いたところで、教師側の嫌いという感情はどうしても滲み出てしまい、そのような指導では(まるで授業で同じような状況だったのと同じように)成績向上を望むことはできないのである。