心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

勉強エレベーター

エスカレーター式」とは、一旦小学校や中学校に入ってしまえば、系列の大学に進学できるシステムを指します。

 

他方、一般的に中学校は地元、高校受験、大学受験と進んでいくのは「階段式」といえます。

 

さて、「階段式」ではなく、「エスカレーター式」で「いい大学」に入るメリットは何でしょうか?

 

一番は、「安定した進路」でしょう。

 

進路相談の内容が「どこの大学に行きたいか」ではなく「その大学に行くか行かないか」になるということです。

 

このシステムを否定するつもりは全くありません。

 

というよりもむしろ、「もっと面白い勉強・教育があるよ」と言いたいです。

 

何か一つの学問を極めるとは、すなわち一つの金字塔を打ち立てることになります。

 

そしてそれは、まるでエレベーターのように、孤独な空間で行われる孤独な作業です。

 

孤独な空間なので、最上階に着くまで「お前何も世の中に貢献してないじゃん」と言われます。

 

他人にとって、芽が出ない勉強は、ないのと同じ。

 

そう、義務教育以降の学業は、真剣にやらないとゴミ箱行きなのです。

 

難解な数式や文字数の長い英単語を、言われるがままにとりあえず数回書いただけのノートは、鼻紙にもなりません。

 

勉強とは、孤独を極めて自分の存在を確かめる大切な「業」なのです。