心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

職員室に、出かけよう。

いま、わからないことがあって「苦しんでいる」受験生に告ぐ。

 

職員室に、出かけよう。

 

これまでは、教室とは正反対の方向だったり、階が違ったりして、行く理由がなかった職員室。

 

もちろん、テスト期間に行っても無駄だ。

 

教員が、ヒマを持て余していないから。

 

だからといって、元日に行っても無駄だ。

 

あまりにもヒマで、そこにはいないから。

 

多くの生徒が気づかず卒業し、場合によっては後悔する、ある真実がある。それは、

 

「せんせい」というものは、生徒からの質問を心待ちにしているということだ。

 

 

「せんせい」とは、職業のことではない。

 

「せんせい」とは、生き物の種だと思ってくれ。

 

「せんせい」は、数ある職業の中からなぜ「教師」を選んだのか。

 

生徒と会話するのが好きだからだ。

 

だから、職員室に、出かけよう。

 

「出かけよう」という表現にしたのは、「未知の世界だと思っているだろうから」。

 

多少忙しそうにしていてもカンケイない。

 

万が一、ガチで忙しいと言われたら、別日にアポを取ってみよう。

 

「何がわからないのかわからないから質問に行けない」のなら、「何がわからないのか」を聞けばいい。

 

もしかしたら「せんせい」の方も、過去に同じような経験をしたかもしれない。

 

同じような経験というのは、もちろん自身が悩んだということも含まれるが、

 

これまで会ってきた何千何万の生徒の中には、あなたと同じ悩みをもった人がいるということだ。

 

だからこそ、あなた自身が脳みそを使って問題を解決をするよりも早く正確にできるかもしれない。

 

来週は、職員室に、出かけてみよう。