心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

知ることを諦めよ

「目玉焼きは塩こしょうに決まってんじゃん!」から、「死んだときは海に骨をまいてほしい」まで、いろいろな分野(?)で、千差万別の考えがある。


そして、あなたが唯一完璧に(本当は完璧ではないですが、わかりやすくするためにそう書きました)わかるのは、「あなた自身の考え」のみです。だからこそ、自己イメージに近づけるための努力は、多くの場合実を結ぶ。

 

だって、毎回的を得ているから。

 

別の見方をすると、あなたは他の人が何を考えているのか、何を望ましいと思っているのかは、一生わかりません

 

もっと言えば、わかろうとすることはできますが、実際にわかっているのかどうかは、わからないのです。


例えば、あなたの友人Aさんが、Bさんのことが好きだという場合を考えます。ここで、Aさんは「実際にBさんのことが好き」(事実)だとします。

 

あなた自身が、Aさんの好みのタイプなどを調査して、Aさんに「おまえ、Bさんのこと好きなの?」と聞いた時、「うん。」って返されることもあるでしょう。つまり、推理が当たっている場合もあります。

 

しかし、

 

推理自体が当たっていても、あなたが推理を当てたのかどうかを知ることはできません。

 

これは、永遠にです。

 

「本当に本当に、Bさんのことが好きなのか?」「うん!」ってなったとしても、その「うん!」の真偽を確かめることはできず、いたちごっこのような状態になります。

 

そして、人間関係が上手くいっている状態っていうのは、・・・

 

本当かどうかはわからないまま一応推理したものが、偶然本当だった

 

知ることを、諦めてください。

 

なぜなら、不可能だからです。