心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

好かれるための意外な方法

私たち人間には、生まれた時から「承認欲求」があります。

 

よって、誰かに認められることを気持ち良いと感じ、認められようと頑張ります。

 

しかし、実はこの「認められる」という現象は狭き門です。

 

どんなに人間関係に関するハウツー本に蛍光ペンを入れても、育成ゲームで仮想上のキャラクターを育てても、実際の人間と絡む中で認められるのは至難の業です。

 

もしこの狭き門感なるものがイマイチピンと来ていなかったとしたら、それは単に家族や友達に恵まれていたからにほかなりません。

 

社会に出て認められることを想像できてすらいないのです。

 

ここで、好かれるための意外な方法をお伝えしようと思います。

 

それが、

 

好かれないようにすること

 

です。

 

具体的にいえば、「好かれるか否かにかかわらず、自分が自分にウソをつかない」ことが重要です。

 

ポイントは、「結果的に好かれたとしても、それは彼・彼女が『好かれようとしてやったから』ではない」ということです。

 

しかし、好かれようと努力していた人が好かれたという結果を得たとしたら、その努力をやめられなくなってしまうのです。

 

「好かれるためには」の「好かれる」は、例えば「テストで9割とる」「秋までに5kg痩せる」のように、数値的ではないものの「結果」にすぎないことを忘れないことが重要です。

 

一方、「好かれないためにはどうすればいいのか」を考えると、「不潔にする」「自分がされてイヤなことを相手にする」など、普段自分がするはずもないようなことしか思い浮かびません。

 

そこで、海原を目のあたりにしたとき、山の頂上から街を眺めたときのように、「ちっぽけ感」がふつふつと湧いてきます。

 

自分の好きなことをやって、結果的に好かれなかったらしょうがないと思えるかどうかなのです。