心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

「友人」を手放す勇気

時が来た。

 

私たちの友人関係は、決して美しいものだけではなかった。

 

お互いに飴を与え合うような甘ったるい時期もあったし、不本意ながらも鞭を打ち会うようなこともあった。

 

それらの経験が互いに良いものだったか、悪いものだったかはわからない。

 

しかし、時間が経つにつれてわかるもの、わかってくるものがあった。

 

もしかしたら自分たち、合わないのかもしれない。

 

恋愛関係や婚姻関係であれば、別れを意識したり、実際に別れたりすることが明白だ。

 

しかしながら、こと友人関係となると、そこが曖昧になることが多いのはなぜだろう。

 

それはおそらく、友人が「一夫一婦制」のように一対一である必要がないからだ。

 

ここで、改めて考えてみよう。

 

実は意外と、「友人」に無駄に時間を取られてはいないだろうか?

 

ここで、友人、ではなく「友人」としているのは、その真偽が定かではないからだ。

 

別にフレネミーだと言うつもりは一切ない。

 

単純に、人間関係を整理するタイミングがあなたに訪れたというだけの話だ。

 

もしそのきっかけが相手に先に来ていたなら、あなたは急な申し入れに戸惑っていたかもしれない。

 

しかし、実際にはあなた自身に電流が流れることよりも、相手側に電流を流す方が、勇気がいることは間違いない。

 

別に今生の別れだと強く思う必要はない。

 

少しばかり距離を置く感覚でよいだろう。

 

その時間を使って、今までやりたかったけれどやれなかったこと、一つ、チャレンジしてみよう。