心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

面接緊張・レス・ミニマル

今回はかなり実践的なミニマル仕事術を、心理学的アプローチでみていきましょう。

 

私たちが社会人になっていく中で、絶対に避けられないものがあります。

 

それが、「他者から評価される」というステージです。

 

ほとんどの人は、「他者から評価される」ことが得意ではありません。

 

その理由はシンプルで、「他者から評価されるのは緊張するから」です。

 

親しい友達や恋人と一緒の時には全く感じないようなストレス・冷や汗・緊張感が、特に人生の大事な場面である「就職」となると一気に襲ってきます。

 

ここで紹介したいのが、「透明性の錯覚」という現象です。

 

「透明性の錯覚」とは、「他者から評価される」場面などで、自分が思っていることや感じていることが、実際以上に相手に伝わっていると錯覚する現象を指します。

 

例えばあなたが面接場面で緊張したとして、その緊張が(本当はバレていなくても)相手に伝わってしまっていると勘違いしたら、それが透明性の錯覚となります。

 

ここで、シンプルな解決法をお伝えします。

 

まず、緊張は、減点になりません。

 

つまり、仮に錯覚が起こったとしても、「だから何?減点要素じゃないから大丈夫だよ。」とどっしり構えることができます。

 

そしてもう一つ。面接官は、緊張している姿を見たのはあなたが初めてだと思いますか?

 

かなり高い確率で、違います。

 

仮にあなたが第1号だったとしても、その前に面接官の方々は練習や講習などを通じて緊張する人についてある程度知識があるはずです。

 

この二つのワザに共通するのは、「緊張に関する錯覚が生じた時に、決してその錯覚を否定することに注意を向けず、本来やるべきこと、答えるべきことに集中できる」というメリットです。

 

緊張しに、面接会場に行く人なんていないということです。