心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

疲れてはいけない

私たちは、絶対に疲れてはいけません。

 

仕事を家に持ち込んだり、疲労困憊の様子で帰宅したりしてはいけません。

 

これは、理想論であり、現実論です。

 

表題の「疲れてはいけない」というのは、「疲れたなどと泣き言を言ってはいけない。頑張りなさい」という意味ではありません。

 

むしろ、逆です。

 

無理して仕事をしても、良いことは一つもないということです。

 

ミニマル心理学的に考えると、「疲れ」という状態のまま、大切な人の元にいくと、「大切な人の前でのふるまい」ができなくなってしまいます。

 

人間は基本、内面でどのように考えているかなどは察知することができません。

 

ハグをしたり愛しい言葉をかけ合ったりすることで、はじめて「この人は自分のことを大切にしてくれているのだな」と事後的に認識することができるのです。

 

ですから私たちは、睡眠をしっかりとって、食事をしっかりとって、程よく自分のキャパシティ内で仕事をこなして、余裕をもった状態で愛する人のもとへ行く義務があるのです。

 

どんなに大切に思っている人に対してでも、疲弊しきっている時に「普段のふるまい」をすることはかなり難しいです。

 

だからこそ、「普段のふるまい」を余裕でできるように、「疲れない努力」が必要なのです。

 

大切な人があなたの元を去るかもしれない。

 

あなた自身が疲弊して、大切な人をないがしろにするかもしれない。

 

気づいてからでは、遅いのです。

 

未然予防、していきましょう。