心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

人間関係がイヤになったら

早速ですが、あなたは「人間関係がイヤになりやすい」ですか?

 

この質問のポイントは、「人間関係がイヤになったことはありますか?」ではないことです。

 

ある程度生きていれば(人間は必ず死にます)、人間関係がイヤになるという現象は必ず起こります。

 

問題は、イヤになりやすいという傾向があるかどうかです。

 

さて、人間関係がイヤになりやすい人には、どうやら共通点があるように思えます。

 

それは、

 

しばしば、八方美人のひとを羨ましく感じる

 

ということです。

 

もしあなたが「あの人、人当たりがよくて羨ましいな」「自分もあんな風に分け隔てなくいろんな人と話せればいいのにな」と普段何気なく思っていたとしたら、まさにあなた自身が人間関係ニガテ族に属している可能性が高いといえます。

 

でも、よくよく考えてみてください。

 

あなたを人間関係嫌いにしたのは誰?

 

質問の仕方を変えれば、「あなたは自ら人間関係を遠ざけようと思ったの?」

 

おそらく、違います。

 

誰かからものすごいイヤな対応をされたり、無視・排除されたりしたから、あなたは人間関係がニガテであるという客観的な特性に対して「ネガティブな評価」をしているのです。

 

だって、人間関係がニガテなことに悩んでいない人の方が多いから。

 

ニガテであることに無頓着になればいいのです。

 

さらに言えば、あなたが目の当たりにした八方美人さんも、実は意外と人を選んで接しています。

 

その八方美人さんの「明るい側面」しか見ていないのに、一般化して自分を責めるにはやめましょう。

 

もっと正確にいうと、自分をそこで責めてもメリットがありません。

 

「八方美人にもツライことがある」という認識により、自分の特性を正当化してあげることも、時には必要なのです。