心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

定期的に、捨ててみる。

ミニマルとは、「継続」のことだ。

 

あなたにとって、「絶対に捨ててはならないもの」とは何だろう?

 

この「絶対に捨ててはならないもの」、実は意外と少ない。

 

「絶対に捨ててはならない」という言葉は、「捨てたら後々で面倒なもの」と置き換えてもらってかまわない。

 

例えば運転免許証やパスポート。捨てたら、次に車を運転したい時や海外旅行に行きたい時に再発行しなくてはならない。

 

例えば電気洗濯機。捨てたら、次に(ラクして)洗濯したくなった時に家電量販店に行かなければならない。

 

例えば仕事で着る服。捨てたら、次に仕事に行く時に再び買わなければならない。

 

f:id:minipsy:20170916081305j:plain

 

あとは?

 

そう、運転免許証などの必要最低限のカード類と、仕事でどうしても必要な道具以外は、「全て捨ててもよい」のだ。

 

これをすぐに極端だと行ってしまう場合は、思考停止に近い。

 

まずは基準を設ける必要がある。

 

あなたにとっての基準は何か?

 

セールで「誤って買ってしまった」500円のTシャツや、衝動買いしてしまった加湿器は、いかなる基準にも引っかからない、真っ先に捨てるべきモノたちだ。

 

基準がはっきりしていると、習慣的にモノを捨てることができるようになる。

 

あるあるなのが「忙しくなると部屋が汚くなる」という現象。

 

これは単純に、「定期的に捨てる」ことを一定期間忘れてしまっていたからだ。

 

今日家に帰ったら、とりあえずトイレットペーパーの袋を破いて捨てよう。

 

針金ハンガーを捨てよう。

 

習慣が、きれいな部屋を創るのだ。