心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

他人の新たな目標を笑うな。

あなたには、将来の夢がありますか?

 

「もう働いています」

 

「もう家買いました」

 

カンケーなくないですか?

 

あなたが将来の夢がない、あるいは夢がないままに就きたくない職業に就いているとしたら、それはあなたのせいではありません。

 

 

あなたの周りの大人たちが、「目標なんて持ったってしょうがないよ」と繰り返し浴びせれば、当然現実的な見方をしようと思ってしまうでしょう。

 

しかし、自分の職を持ち、自分の家を持った今こそが、自分のやりたいことをやる良い機会なのではないでしょうか。

 

諦めかけていた夢をもう一度思い起こしてみましょう。

 

副業でいいです。

 

別荘を買っていいです。

 

好きなことを仕事にしている人を、どうか笑わない人生を生きてください。

 

なぜ、自分の好きな仕事をしなければならないのかというと、それは「あなた自身が、好きな仕事をしている人を悪く言わないため」、つまり「周りの人のため」です。

 

「好きな仕事で食べていけるなんてほんの一握りだよ」と言っている自分の表情を鏡で見られますか?

 

死ぬほどブサイクになっているはずです。

 

逆に、先の言葉を真顔で言えるようになったら人間終わりでしょう。

 

履き違えてはならないことは、「好きなことを仕事にするために、好きなプロセスだけ踏めるわけではない」ということです。

 

好きなことを仕事にするのは、嫌いなことを仕事にするよりも根気がいるのです。