心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

ヘンに永遠を意識しない。

物事を深く考え、深く理解することができる人は、一般的な常識や、巷に転がっている噂に惑わされず、自分なりの意見を持つことができる。

 

これはかなりの強みです。

 

しかし、この「物事を深く考える」行為には若干の副作用があります。

 

それが、「杞憂」です。

 

つまり、取り越し苦労です。

 

将来についてああでもないこうでもないと考える癖は、深く考えることができるからこそ生じてきます。

 

では、いらない取り越し苦労をなくすためには、どのような考え方が必要なのか。

 

実は、取り越し苦労をする人は「ヘンに永遠を意識する」傾向にあります。

 

例えば、新たな人間関係を構築していくときに、ある種深く考えない人は「とりあえず」のフットワークが軽いです。

 

しかし、そもそも人間関係を開拓すること自体が面倒くさいこともあり、深く考える人は

 

「この人と一生いるとしたら、あの考え方は修正してもらわないと困る」

 

「この人とずっと過ごす可能性もあるのか。ならばもう少し美人の方がいいかな」

 

と、高望みしてしまいます。

 

考える際に時間軸を伸ばしすぎると、当然出会う人数は増えることが予想され、出来事が起こる確率の少なくなります。

 

だから、「今」を考えることが、もっとも正確なのです。