心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

作り方(2)ゲーミング性

小中高生は、とにかくゲームが好きです。

 

授業中、机の下に隠して楽しむのは、本からゲームに代わりました。

 

生徒が授業を聞かずにゲームしたり内職したりするのは、残念ながら教師の力量不足です。

 

これから教師として授業をやっていきたいというあなたに覚えていてもらいたいのは、

 

「自分が生徒だったら受けたいと思うような授業をする」

 

これに尽きます。

 

そして、目の前にいる生徒がゲーム好きなら、授業にゲーミング性を取り入れれば良いのです。

 

こうすれば、机の下で隠しながらやる必要はありません。

 

では、具体例をみていきましょう。

 

一番手っ取り早く始められるのは、クイズ形式です。

 

このクイズは、「ドラえもんの身長は?」のような豆知識的なものではいけません。

 

ゲーミング性が、飛び道具となったらアウトです。

 

化学式や歴史的事象、数学の解などを「大きなゴールかつクエスチョン」に設定し、それを解決していく形で進行していきます。

 

最終的に教員側が回収してフィニッシュするか、生徒の自発的到達に委ねるかは科目や内容に依存するでしょう。

 

ただし、見逃してはならないのは「ゲーミング性」の異常なまでの効力です。

 

自分の意思で授業が進んでいるという感覚は、例えるならば「体育の時間だけあっという間に過ぎ去る」ようなものです。

 

是非、ゲーミング性を取り入れてみてください。