心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

作り方(4)アクティブとは?

今回は、「アクティブ・ラーニング」の問題点ではなく、授業への具体的な取り入れ方について見ていきましょう。

 

早速ですが、まず「50分アクティブ・ラーニングしようとする」のは辞めましょう。

 

これは、「結果的にどうなるか」の話ではなく、心構えについてのものだと思ってください。

 

アクティブ・ラーニングは、元々は「生徒の能動的な学習を引き出す」ことが目的・目標であって、「50分フルでやらなければならない」という教員側へのプレッシャー的なものではありません。

 

例えば、授業の最初の段階で「問い」を立てた後、単純に「知識がない状態で意見交換してもらう」だけでも十分アクティブです。

 

※この時点で問いに対する本質的な解が出た場合は、教員側が立てた問い自体が甘いといえます。

 

また、元々授業計画の中に意見交換の時間が入っていなかったとしても「生徒が疑問を抱いていそうな場合」に、

 

「これまでのところでわからないところや、板書漏れの確認をしてみよう!」

 

と2,3分間とることも十分有効な方法だといえます。

 

大事なのは、「指導案通りに進めようとすること」ではありません。

 

極端な言い方をすれば、たとえ50分間教員が喋りっぱなしだったとしても、生徒が復習できるくらいに理解していればアクティブ・ラーニングを挿入する必要はありません。

 

そして、生徒の学習意欲がかえって削がれるくらいなら、教員側がある種のパフォーマンス的にアクティブ・ラーニングを利用してはならないのです。