心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

カードゲームとしての会話

天気が悪いと通用しなくなる、「今日はいいお天気ですね」というカード。

 

出された料理が不味くても使える、「美味しいですね」というカード。

 

薄っぺらい人間関係においては、人間は会話をカードゲームとして扱います。

 

私はこの「カードゲーム」のような会話、こちらをジロジロ見てくる人間と同じくらいイヤです。

 

もう、やめにしませんか?

 

あなたにとって、本当に大切にすべき人は、

 

「(あなたの)着ている服、あんまり似合っていないよ」と言える人です。

 

あなたが言えるという意味でも、あなたに言ってくれるという意味でもあります。

 

ちなみに、初対面や、あなたのことを明らかに嫌っている人が言う場合には、たとえ同じ言葉でも、その人に近づいてはいけません。

 

信頼関係のもとで発生する「辛辣な言葉」だからこそ、意味があるのです。

 

本当の信頼関係の中で、例えばあなたが遅刻常習犯だとしましょう。

 

あなたがもし、信頼している人から、「実はね、あなたの遅刻、僕はあんまりよくないと思うんだ」と言われたら、友人関係レベルが一つ上がったと言ってよいでしょう。

 

建設的なアドバイスほど、どうでもいい人にはしたくないものです。

 

「建設的」というのは、あなたにとって大切な人が「服似合っていないよ」と言うことを指します。

 

もし、真剣な表情でアドバイスを受けたなら、こちらも真剣に、社交辞令を飲み込み、戦ってもよいのです。