心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

アクティブを阻む現実

現代の日本の教育には、未だに欠けている側面があります。

 

それは、「生徒側の積極的な学び」です。

 

学ぶことを愛するためには、自ら主体的に勉強することが必要です。

 

このように言うと、「アクティブ・ラーニングとかやっているでしょ?」と言われます。

 

「アクティブ・ラーニング」は、やり方を間違えると講義型の授業と何ら変わりなくなります。

 

なぜなら、「アクティブ・ラーニングさせる」教師が多いからです。

 

見た目をアクティブだと謳っているため、周りの人間も「注意」「指摘」できず、タチが悪いです。

 

なぜ注意できないか。

 

そもそも、アクティブ・ラーニングをやろうとしている教員の絶対数が少ないからです。

 

自分自身がやろうとしていないことをやっている時点で、「新しいチャレンジで素晴らしい」と言われてしまうことが「素晴らしくない」のです。

 

このような現実を打破するためには、「自分よりアクティブ・ラーニングを目的に則して実践している教員」と出会う必要があります。

 

既存の教育にとって、不幸にも「アクティブが新しく見え過ぎていること」が、アクティブ・ラーニングそのものの進化を阻んでいます。

 

皮肉にも、「アクティブ・ラーニングなんか皆やっているよ。今さら・・・」という時期が全体的な空気としてやってこない限り、ネクストステージはやってこないのです。