心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

好きな人と会う。

二択でも三択でも四択でも、必ず「好きな人」を選ぶ。

 

これは、ミニマルな人間関係の基本のキです。

 

「好きな人」と会ったら、あなたはどんな気持ちになりますか?

 

「好きな人」と話したら、帰り道の足取りはどうなりますか?

 

明らかにわかっていることは、「好きな人」と会った方がいいという当たり前の事実です。

 

それなのに、多くの人は何故かわかりませんが「嫌いな人」と会います。

 

これには理由があります。

 

「嫌いな人」と会う時間を増やしても、「好きな人」と会える時間は1秒たりともなくならないと思い込んでいるからです。

 

明日、死んじゃうかもしれないのに、です。

 

赤ちゃんは、1億2,000万人の他人をスルーして母親の元にいくという基本を心得ています。

 

だから、あんなに幸せそうなんです。

 

「好きな人」と会ったら幸せだから、「好きな人」と会う。こんなにシンプルなことはありません。

 

「嫌いな人」とバーベキューをして、全然楽しくないと不幸自慢している人は二つの勘違いをしています。

 

「それも経験だ」というヘンな達観と、不幸気取り話をきっとアイツが聞いてくれるだろうという過信です。