心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

「正しい」ムカつき方。

今朝も優雅にカフェでコーヒーを飲んでいたところ、大学生二人がこんな話をしていました。

 

「バイト先でムカついた」「先輩にムカついたわ〜」

 

あぁ、人間やってんなぁ、と思いました。

 

と同時に、人間はなぜこんなにもムカつきやすいんだろうと考えました。

 

それはおそらく、「自分の要求のレベルが高すぎるから」です。

 

自分の要求度合いが高まれば高まるほど、「ムカつかない人間」の総数は少なくなります。

 

極めて当たり前のことです。

 

よって、「ムカつくことそのもの」よりも、「何にムカついているのかを考察・内省すること」の方が重要だと言えます。

 

もし、あなたが仕事上の仲間に対してムカついているということは、「あなたがやった方が早い」ことを示しています。

 

つまり、あなたの能力が高いということです。

 

そのようにしてムカついた後は、いくつか対処法があるでしょう。

 

仕事を自分でやってもよいし、「どうやったら相手に伝わるか・仕事を早くやってもらえるか」を考える時間を作ってもよい。

 

問題は、普通の人間関係です。

 

友人関係・恋人関係で「要求レベルに相違がある」場合は、どちらかが折れる必要があります。

 

なぜなら、友人や恋人との関係は、定義上ビジネスではないし、ビジネスであってはならないからです。

 

友人・恋人触れ合う際には、「ムカつく」自分の「期待値」が高い場合があります。

 

人のふり見て、自分のムカつきを直してみましょう。