心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

朝食で変わる一日

私たちの生活を決めるのは、一体何か。

 

この質問は、非常に漠然としていて、答えるのが難しいです。

 

では、このように問うとどうなるでしょうか。

 

「私たちの生活を決めるのは、朝・昼・晩のうち、どれか。」

 

おそらくほとんどの人が「朝」と答えるでしょうし、正解も「朝」です。

 

「晩」に「よし、今日も頑張るぞ!」と思っても、一日はもう残りわずかだということです。

 

では、どのように朝を過ごせば、私たちの生活を良い方向に導けるのでしょうか?

 

それが、「モーニング・セット」です。

 

f:id:minipsy:20190825100944j:plain

 

ここではあえて「朝食」とは書いていません。

 

「モーニング・セット」をいただいている時間、これは単なる朝食ではなく、贅沢な時間として脳にカウントされます。

 

例えば家でサラダを作るときには原価100円くらいで結構なボリュームのものを作れますが、お店で頼むと1000円ほどになります。

 

しかし、ここで「高いから食べない」と言わないのが人間の心理です。

 

ちょっとお高いけれど、新聞片手にコーヒーを飲む時間をつくりたい。ここを満たすことによって一日が早くも充実したことになるのです。

 

家で食べる場合は、誰にも見られていないのだから、とことん王様になってみましょう。

 

外で楽しむ場合も、別に周りの人はあなたのことを気にしていません。優雅に食事をエンジョイしましょう。