心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

仕事ができない人の特徴

あなたにも気をつけていただきたい「仕事ができない人の特徴」をここに記します。

 

ここでの「仕事ができない人の特徴」とは、「他の人から『仕事ができないぞ』と評価されること」と、「シンプルに仕事ができないこと」の両方を含んでいます。

 

仕事ができない人は、非常にわかりやすいのですが、「仕事ができるように見せようとする」傾向にあります。

 

普通であれば、仕事ができるから仕事ができると評価されます。

 

しかし、仕事ができない人がそのままでいるわけにいかないですから、変な噂を立てられないように「フリ」をするのです。

 

一番それを身近に感じることができるのは「キーボードを叩く音」です。

 

とにかく、ばちゃばちゃうるさい。

 

女性の場合は長い爪がかちかち当たって二重苦です。

 

「彼ら」は、仕事ができることとブラインドタッチが速いことを履き違えています。

 

音声入力が主流になりつつある中、人間のブラインドタッチがどんなに速くなってもコンピュータに勝てるわけがありません。

 

入力先が、コンピュータだからです。

 

そして、仕事をしていますというアピールをするために音を出しているのです。

 

本当に仕事ができる人間は、あえてばちゃばちゃ言わせなくても淡々とキーボードをソフトタッチしています。

 

仕事ができる人間のPCの方が長持ちするのです。

 

また、仕事ができない人はとにかく右上のボタンを押しているのが分かります。

 

そうです。

 

DELETEキーです。

 

小指でカチカチカチカチと言っていると思って見たら、必ずDELETEキーを連打しています。

 

DELETEキーをブラインドタッチして喜んでいるのが、仕事ができない人間の最大の特徴だといえます。