心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

徹底的にアポを取ろう。

ミニマルな人間関係を築いていく上で忘れてはならないのは、「相手のことを慮る」ことです。

 

ここでの相手とは、不特定多数の知らない人たちではありません。

 

その不特定多数の人々から、あなたが厳選した人たちです。

 

元々の性格こそ違っても、彼らとあなたは同じような考え方を持っているでしょう。

 

「類は友を呼ぶ」の「類」とは、

 

相手の時間を奪うことは信頼の失墜につながる

 

という信念です。

 

したがって、彼らと接する際には、(ゼロにすることは不可能ですが)彼らの人生を邪魔する時間を最小限にする必要があります。

 

ここで大事なのが、「アポを取る」ということ。

 

何よりもまず、「あなたが相手と会いたい時」と、「相手があなたと会いたい時」が重なることはほとんどありません。

 

あなた自身も恐らく、「好きな人だけど、今はちょっと・・・」と困ったことがあるでしょう。

 

タイミングは、合うものではなく、合わせるものだという意識が大切です。

 

タイミングをアポによって合わせれば、余程失礼な取り方でない限り、相手はベストコンディションであなたと会ってくれます。

 

しかし、あなたがいきなり電話で「今ちょうど都内にいるんだけど、飲まない?」と言った瞬間、これまでの信頼関係は失墜します。

 

なぜこの現象に気づかないのか?それは、

 

その相手が、たった一度だけ、満面の笑顔で会ってくれる(くれた)からです。