心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

幸運は対人関係の鏡

誰でもすぐに理解できるのに、実戦となると急に忘却してしまう真実があります。

 

それが、「幸運は対人関係の鏡」という原則です。

 

幸せになるためには、何かしらのチャンスを掴む必要があります。

 

チャンス(ピンチの形でやってくることもありますが)は、幸運な人間のみに訪れます。

 

そして、「幸運は対人関係の鏡」とは、このチャンスは人間関係の中に隠れているということです。

 

収穫期になって稲を収穫することができるのは、春に田植えを始めた人だけだということです。

 

田植えと違うのは、人間関係におけるチャンス探しは「ある程度早い時点で」始まっているということです。

 

ここぞというときに訪れる幸運は、そもそも豊かな人間関係をもっていない限り、見ることさえもできません。存在を知り得ないのです。

 

では、「幸運は対人関係の鏡」の「鏡」とは何か。

 

これは、あなた自身が、大切な人にとっての「鏡」としてのチャンスになるということです。

 

「鏡」としてのあなたは、「鏡」であるからこそ、対人関係の中で誰かに勇気をもたらす存在になります。

 

逆に、あなた自身が豊かな生活を送っていないと、周りの人間はその「鏡」を見て、チャンスを逃したり、トラップに引っかかったりします。

 

あなたの人生が、「鏡」として、大切な人の幸運・不運を左右することがあるということです。

 

意思疎通が十分にできる相手であればあるほど、あなたの「鏡」としての効果、あなたに対する大切な人のもつ「鏡」としての機能が交換されます。