心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

興奮を、忘れない。

ミニマルな人生と、イベントの数は、必ずしも矛盾しない。

 

なぜならば、基本的に「モノを最小限にする」という生活と、目に見えるモノとして残ることはないイベントは別次元だからだ。

 

むしろ、どんなにモノを減らしても、体験を減らしてはならない。

 

なぜなら、体験は「興奮」を生む唯一の起爆剤だからだ。

 

モノを減らすのはあくまで大きな目的を達成するための手段でなければならないし、その目的自体は「モノ」以外のところにある。

 

「モノ」を減らすことで、経験することから得られる興奮を最大限享受することができるのだ。

 

ここで、興奮というと「ジェットコースター」「お化け屋敷」をイメージするかもしれないが、決してそれだけが興奮とは限らない。

 

小さな自然に触れるのも、乗ったことのない在来線に乗車するのも、十分興奮につながるのだ。

 

したがって、唯一ミニマルにしたはならないことがあるならば、体験の数だといえる。

 

イベントなきミニマルは、ただのわがままな孤独にすぎない。