心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

上澄み・レス・ミニマル

私が経験から予想していることがあります。

 

それは、「ミニマルを目指す人は、皆真面目だ」ということです。

 

基本的に、モノは頭を使わないと増え続けます。

 

部屋がスッキリしている人は、「そう見えている」のではなく、「賢さそのもの」です。

 

真面目を言い換えれば、本を沢山読んでいるということ。

 

しかしここで履き違えてはならないことがあります。

 

それは、「偉人の名言マニアになってしまう」ことです。

 

上澄みのいい部分だけを味わおうとするのは、かなり危険です。

 

例えば、「孤独であれ」ということをどこかの社長さんとか哲学者が叫んだ時、何も努力していない人が「態度悪くてもいいんだ」と勘違いすることが例として挙げられます。

 

紙一重の部分も勿論ありますが、「孤独である理由が、態度が悪くて相手が離れたのか、自分が選択して離れたのか」を区別する必要があります。

 

どこかの会長や宗教学者が述べた金言は、一見簡単に思いついたように見えます。

 

しかしこれは二重の意味で誤りです。

 

まず、単純に、「すぐ思いついたわけがない」ということ。

 

そしてもう一つが、

 

まるで「すぐ思いついたかのように表していること」なのです。