心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

俗世間から逃げる方法

対人関係に疲弊した時、私たちの思考回路は異常なくらい「落ちる」。

 

これは、誰もが経験したことがあるのではないでしょうか?

 

その瞬間、「逃げ道がひとつもなくなった」感覚に陥ります。

 

はっきり言って、ギリギリアウトです。そして、全責任はあなたにあります。

 

かなり厳しい言い方に聞こえますが、事実です。

 

このような状況に陥ってしまう人たちには、「いざという時には誰かが助けてくれる」という人任せの生活スタイルを送っていた(いる)という特徴があります。

 

頑張っていれば誰かが見てくれているという言葉を、あまりにも安易に受け取った結果、といえるでしょう。

 

したがって、あくまで人生の手綱を握っているのは自分自身であり、仮に努力を他者が認めてくれる瞬間があったとしても、それを待ち望んではいけません。

 

私たちの「逃げる」という選択は、常に能動的であるべきだということです。

 

では具体的に、どうやって逃げれば良いのか。

 

それは、「逃げた後の状況を出来るだけ楽観視しながら計画を立てるということ」です。

 

多くの人は、「逃げても逃げなくても、状況は変わらない」という先入観に支配されるため、「変わらないのならば、面倒でない方を選ぼう」となります。

 

これは大きな誤りです。

 

まず、変化するかどうかを考える前に、「あなた、辛いんすよね?」と、自分自身を気遣う必要があります。

 

逃げた後の景色がどうなろうとも、「現在の場所じゃない」ことに大きな意義があるのです。