心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

あなたの責任じゃない。

人間関係に悩み落ち込む人たちに共通の「とらえ方」があります。

 

それが、「自分の責任の及ぶ範囲を必要以上に広げる」ということです。

 

例えば、あなたが良かれと思って(ここでの「良かれと思って」は、言い訳ではなく真にそう思ったとします)友人にアドバイスしたところ、相手が「お前にそう言われる筋合いはない」と激怒されたとしましょう。

 

あなたはもしかしたら、「あんなこと言わなければよかったかな」と反省するかもしれません。

 

この反省が後の行動に影響を与え、相手の一挙手一投足に対して過敏に反応したり、過剰に気を遣ったりすることがあるでしょう。

 

しかし、よくよく考えてみると、アドバイスに対して怒り感情を露わにしたのは相手の選択です。

 

あなた自身が変なアドバイスをした、煽るようなことを言ったという可能性はゼロではありませんが、

 

こうやって悩むようなあなたが、そもそも簡単に人を傷つけるようなことは言わないと気づいてください。

 

もし、あなたの助言に対して相手が予想と違う反応をしたら、

 

あっ、そういう風にとらえるんだ。

 

と思って、静かに眺めていればよいのです。

 

また、他人はあなたの思いどおりに動くわけではありません。

 

ですから、もしあなたが「自分の責任だ」と落ち込むべき状況があるのだとしたら、あなたの予想通りに友人がアドバイスを受け入れるというポジティブな結果に対して、自信を持って責任を感じればよいのです。